院長紹介

HOME >> 院長紹介

院長紹介

栗原カイロプラクティック研究所院長:栗原 輝久

 

私は、元々は柔道整復師で、病院の理学療法室などに

7年間ほど勤務しておりました。

その際に症状が思うように改善しない例に遭遇する事が

多くなり、「何か良いものはないか」と思って、

勉強し始めたのがカイロプラクティックでした。

 

最初は個人的に教えてもらったりしていましたが、

本格的に勉強するには学校に行こうと思い

ユニバーサル・カイロプラクティック・カレッジに入学し、卒業後も聴講や

セミナーを通して勉強を継続しました。

その後、同校の講師なども務めるようにもなりましたが、現在でも勉強中であります。

そして「カイロプラクティック専門で行こう」と思い、川口市で開業致しました。

 

施術を行う上で心掛けている事は、

「患者さんの自然治癒力の邪魔をせずに、最大限に引き出す」という事です。

そのために、名称も栗原カイロプラクティック研究所と致しました。

経歴

1960年 埼玉県川口市にて出生

1983年 日本大学商学部卒業

1988年 大東医学技術専門学校柔道整復師科卒業

1991年 ユニバーサル・カイロプラクティック・カレッジ卒業

1993年 川口市に栗原カイロプラクティック研究所開設

2012年9月 パシフィック・アジア・カイロプラクティック協会会長に就任


現在 パシフィック・アジア・カイロプラクティック協会会長

ユニバーサル・カイロプラクティック・カレッジ講師

翻訳書:「SOTマニュアル」「CMRTマニュアル」「クラニアル・マニュアル」

共訳書:「テキストブック・オブ・クリニカル・カイロプラクティック」